ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)

 

ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)

 

categories

Sakuhincho 【06】
Hana 【07】

Shin-Shinamono 【04】

Utsuwa 【35】
Glass 【04】
Shinamono 【53】
Note【07】
Shuki【15】
Hokuou 【47】
Huruimono【10】
Zakki 【06】
Zakki 2017-2018【11】
Zakki 2014-2016【13】

Zakki 2010-2013【42】
Keisai【26】
Goaisatsu【53】
Oshirase2021【14】
Oshirase2020【16】

Oshirase2019【03】

Oshirase2018【18】

Oshirase2017【13】

Oshirase2016【17】

Oshirase2015【19】

Oshirase2014【19】
Oshirase2013【17】
Oshirase2012【23】
Oshirase2011【18】
Oshirase2010【22】

 

Facebook ページ ギャラリー北欧器

instagram ギャラリー北欧器

 

archives

2021 | 09【04】
2021 | 08【02】

2021 | 07【02】

2021 | 06【03】

2021 | 05【05】

2021 | 04【04】

2021 | 03【02】

2021 | 02【03】
2021 | 01【02】
2020 | 12【02】

2020 | 11【03】

2020 | 10【01】
2020 | 09【02】
2020 | 08【01】

2020 | 07【05】

2020 | 06【01】
2020 | 05【04】
2020 | 04【02】

2020 | 03【02】

2020 | 02【02】
2020 | 01【02】

2019 | 12【01】

2019 | 11【02】

2019 | 10【02】

2019 | 09【01】

2019 | 08【01】

2019 | 07【01】

2019 | 06【02】

2019 | 05【01】

2019 | 04【02】

2019 | 03【03】

2019 | 02【01】

2019 | 01【03】

2018 | 12【02】

2018 | 11【03】

2018 | 10【04】

2018 | 09【03】

2018 | 08【02】

2018 | 07【05】

2018 | 06【01】

2018 | 05【03】

2018 | 04【03】
2018 | 03【05】

2018 | 02【02】

2018 | 01【02】

2017 | 12【03】

2017 | 11【03】

2017 | 10【08】

2017 | 09【03】

2017 | 08【03】

2017 | 07【03】

2017 | 06【02】

2017 | 05【03】

2017 | 04【05】

2017 | 03【03】

2017 | 02【02】

2017 | 01【03】

2016 | 12【03】

2016 | 11【03】

2016 | 10【05】

2016 | 09【04】

2016 | 08【04】

2016 | 07【07】

2016 | 06【04】

2016 | 05【02】

2016 | 04【04】

2016 | 03【04】

2016 | 02【02】
2016 | 01【03】

2015 | 12【02】

2015 | 11【03】

2015 | 10【04】

2015 | 09【04】

2015 | 08【03】

2015 | 07【04】

2015 | 06【04】

2015 | 05【03】

2015 | 04【04】

2015 | 03【04】

2015 | 02【04】

2015 | 01【03】

2014 | 12【04】

2014 | 11【04】

2014 | 10【03】

2014 | 09【03】

2014 | 08【04】

2014 | 07【02】

2014 | 06【02】

2014 | 05【05】

2014 | 04【03】

2014 | 03【03】

2014 | 02【03】

2014 | 01【04】

2013 | 12【04】

2013 | 11【03】

2013 | 10【06】

2013 | 09【03】

2013 | 08【07】

2013 | 07【07】

2013 | 06【04】

2013 | 05【03】

2013 | 04【05】
2013 | 03【06】
2013 | 02【06】

2013 | 01【09】

2012 | 12【04】

2012 | 11【04】
2012 | 10【05】

2012 | 09【08】

2012 | 08【10】

2012 | 07【06】

2012 | 06【03】
2012 | 05【08】
2012 | 04【03】
2012 | 03【05】

2012 | 02【04】
2012 | 01【05】
2011 | 12【04】
2011 | 11【06】

2011 | 10【07】
2011 | 09【05】
2011 | 08【03】
2011 | 07【04】
2011 | 06【04】
2011 | 05【05】
2011 | 04【04】

2011 | 03【03】
2011 | 02【06】
2011 | 01【04】
2010 | 12【05】
2010 | 11【05】

2010 | 10【06】

2010 | 09【05】

2010 | 08【04】

2010 | 07【07】
2010 | 06【06】
2010 | 05【06】

2010 | 04【09】

2010 | 03【18】

2010 | 02【03】

 

 

2020 | 2_5 | Wednesday

九州 福岡・大分

大分 由布岳

いつもお世話になっておりますお客様への納品で、立春の九州へと訪問して参りました。この度も一日、福岡から大分までをたっぷりとご案内いただきまして、本当に感謝感激でございました。一期一会の多くの出会いに感謝をいたしまして、一部ではございますがご紹介をさせていただきます。

大分 別府温泉

大分 臼杵のふぐ 良の屋

大分 臼杵のふぐ 良の屋

大分 臼杵のふぐ 良の屋

大分 臼杵のふぐ 良の屋

福岡から車で2時間半の、大分は臼杵のふぐの名店、良の屋へ。美味しんぼにも掲載されているお店でして、豊後水道を眼下に見下ろしていただける天然のとらふぐは本当に絶品です。この時期は一年で最もふぐが美味しい季節とのことで、まるで白身魚の刺身のような、分厚く切られたふぐ刺しは、生まれて初めて食べる豊潤で甘味のある極上品でした。また大分でしか食べることのできない、掲載NGのふぐのアレも勿論いただきまして、全身痺れて参りました。

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

大分 六郷満山 国東半島 富貴寺

そして大分は国東半島にある六郷満山の中心、富貴寺へ。六郷満山とは国東半島の六郷に古くから点在する寺院や行場の総称でして、その多くは仁聞菩薩が718年に開基したと伝えられています。この地域では、神、仏、鬼が複雑に絡み合う、他に類を見ない独自の文化が発展しており、山々の至る所に石仏や石塔、寺院が存在しており、半島全体が信仰の対象として全てが聖地のような神聖な地域になっております。車で走りますと荒々しい崖と山がいくつも点在しており、修験道の厳しい修行が日々行われていたことは想像に難しくありません。神仏習合の力強い石仏群がある中、平安時代に建立された国宝、富貴寺大堂は大変に雅なもので、撮影は叶いませんが、堂内の壁や柱には阿弥陀浄土図が所狭しと描かれており、本堂に安置されている阿弥陀三尊像も大変に流麗で美しい平安仏を感じさせるものでした。昔は地域の子供たちが堂内で遊んで、浄土図をチャンバラごっこで叩いていたとのことで、この国宝の中を自由に行き来する子供たちを想像すると、まるで子供たちが仏の周りで遊ぶ神の化身のような、そんな微笑ましい光景が浮かびました。

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCA 太宰府monica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

ALBICOCCAmonica castiglioni fukuokaVELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFU

そして福岡は太宰府の参道脇にオープンしました、ALBICOCCAへ。閉店ギリギリのお時間でしたが何とか滑り込みました、ごめんなさい。ここは以前にモダニズムショーでご一緒をした、郷古さん御夫妻のお店、monica castiglioni fukuoka、VELVET THE SHOWROOMBATHHOUSE DAZAIFUの3店舗とギャラリースペースが、長い40メートルの建物に手前から奥へと入っております。しかし一番奥にはまだまだ続く部屋が…、さらに延びる予定のようです。真っ白で長い不思議な建物はスッと夕闇に浮かび上がり、太宰府天満宮を訪れていながら、まるで異国に迷い込んだようで、一眼で街のシンボルになっておりました。それぞれの店舗のディスプレイ、セレクトアイテム、内装は、隅々に至るまで全てにこだわり抜いており、隙がありません。一体どれだけの労力と時間を費やしたかは計り知れませんが、さらりとスマートに佇んでいる所が御夫妻らしいかと思います。百聞は一件に如かず、新しい発見が体験できてしまう驚きのお店たちでした。開店、おめでとうございます。

福岡 赤坂 万

福岡 赤坂 万

福岡 赤坂 万

福岡 赤坂 万

福岡 赤坂 万

そして一日の最後は、福岡の赤坂にあります予約制の日本茶とお酒のバー、です。この日は、八女の日本茶の中でも僅かしかとれない、希少な一等の玉露をいただくことが叶いました。一番煎じは35度のお湯でほんの数滴。甘く出汁のような華やかな香りが口いっぱいに広がります。飲むというよりも香りを全身が感じとるような初めての感覚に酔いしれます。一番煎じ、二番煎じと重ねるごとに味が深く、出汁のような旨味が増していきました。コースで和菓子やこの玉露を煮詰めたお浸しもいただき、今までには無い、新しい食の体験にまた一つ目上がりをさせてもらったようにも思います。この度もご馳走様でございました。楽しい九州の一日は本当にあっという間でして、お品物のお届けに上がっておきながら、日頃の疲れを癒し、吹き飛ばしてしまいました。この度も本当にありがとうございました。

|-|

 

 

 

 

 

 

2019 | 11_23 | Saturday

群馬 水上

群馬県 水上 谷川岳群馬県 水上 谷川岳

今年は台風の影響で遅い秋が深まる中、お品物のお届けで群馬に伺って参りました。特に水上は、北欧デザインの良さ、陶芸の素晴らしさを初めて発見した、思い入れの強い地でもありまして、今回、立ち寄って参りました。

天一美術館天一美術館天一美術館天一美術館天一美術館

谷川岳連邦の谷間に静かに聳えるのが、天一美術館でして、かの吉村順三の遺作となった建物が自然の中に見事に溶け込んでおります。館内は隅々まできれいに整えられており、まるで先日開館したかの様な、凛とした美しさを保っておりまして本当に驚きです。全てが作品であるという概念と思いますが、館内含めほとんどは撮影不可で、その空間内におりますと、張り詰めた緊張感と音の無い静けさに、無の境地すら感じさせる神々しいものでした。15年ほど前に、その美術館ラウンジに美しく配されている、Hans.J.Wegner(ハンス ウェグナー)デザインのCH52に座り、あまりの座り心地の良さに驚いて、ひっくり返ってしまったことで、はじめて北欧デザインの素晴らしさに出会うという、天一美術館は私にとっての思い出の地でもあり、まさに北欧をはじめる原点でもありました。今回もその時と変わらずに椅子たちは佇んでおりまして、この椅子に座り、谷川連邦の山と谷を眺めますと、何か心の底から休まる様な、本当の安息を感じられる不思議な感覚に包まれたことを今でも思い出しました。美術館の所蔵作品も、岸田劉生の麗子像をはじめ、佐伯祐三、安井曽太郎、ロダンやピカソ、ルノワールに至るまで、厳選されつつも、全てが一流で一級品ばかりというのも圧倒されてしまいます。銀座天一創業者の矢吹勇雄氏が、吉田茂の命により蒐集をしたとされるそのコレクション郡は、全く隙のない、この美術館全体の雰囲気とも共鳴する様な逸品たちばかりであります。

月夜野焼 祐太郎窯月夜野焼 祐太郎窯

そしてもう一つ、ウェグナーの椅子と同時に強烈な印象だったのが、月夜野焼と呼ばれる長崎県波佐見市出身の陶工、福田祐太郎氏が開窯した辰砂の器に出会ったことでした。上越新幹線のトンネルから掘られた土を使い、真っ赤な中国の辰砂釉や青磁などを再興していた作家ですが、特にその辰砂釉を使い、おどろおどろしい鬼や炎に包まれたオブジェ作品を、数多く制作しており、当時陶芸のことは全く分からなかった私は、その強烈に力強くも引き込まれる様な作品群に度肝を抜かれてしまいました。かの岡本太郎も作品に惹かれ交流をしており、祐太郎氏の造形力爆発の作風は本当に素晴らしいの一言です。今思いますと、アクセル・サルトと共通する様な作風や哲学でもあり、この様な作品は、現在でも日本をはじめ世界でも唯一無二の存在かと思います。この度も記念館を訪れまして、作品に間近に触れ、手元に置きたくなる衝動をグッと堪えて参りました。15年以上前にこの水上を訪れたことで、雷に打たれた様に衝撃を受け、色々と調べまわり、北欧に入り込んでいくとは、今考えましても不思議なものですが、何かこの地に縁でもあるのでしょうか。美しい紅葉の景色と共に、何とも感慨深くなってしまいました。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 | 11_10 | Sunday

護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会

護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会護国寺茶寮 円成庵 東京茶道会茶会

秋の麗かな陽気が心地よい、祝賀パレードが行われるおめでたい本日、いつもたいへんお世話になっております、ヒロミチナカノの中野裕通さんが、護国寺の円成庵にてお茶席のご主人をなさるとのことで、この度もお招きにあずかりまして、不躾ながら、お邪魔をしてまいりました。あまりの御盛況でお茶室の前には長い列ができておりまして、席までにかなりのお時間がかかっておりました。今回の御取り合わせも中野さんらしく、お道具は勿論のこと、御菓子まで、古今東西の逸品たちを揃えられておりまして、素晴らしくも驚きの取り合わせを拝見することが叶いました。特に床には、バンクシーの花束を投げる青年が描かれている、Love in the 2002が掛けられており、花入れは黒田泰蔵の白磁梅鉢、香号は鎌倉時代の蓮弁を取り合わせておられまして、皆様もやはり、これが一番の衝撃でありました。この度も、このような素晴らしい席にお招きをいただきまして、ご主人の中野裕通さんはじめまして、皆様には心より感謝と御礼を申し上げます。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

2019 | 9_24 | Tuesday

栃木県 日光

華厳の滝中禅寺湖日光東照宮

ようやく秋の気配を感じられますが、今年も激しい台風などの天災が多く、年々心休まる季節が無くなってきているように思います。皆様いかがお過ごしでございましょうか。毎年有難いことに、お品物のお届けで日光に伺っております。観光の方も多いものですが、この地は古くより修験道の聖地でもある、自然厳しい所。一歩裏道に入れば、何処までも続く、深い深い森と急流の川が姿を表します。雄大で美しい自然を体感できる反面、荒れれば一気に牙を剝くその土地柄は、男体山や女峰山を御神体とする二荒山神社の、二荒から日光へと名を変えたと伝えられる呼び名そのもので、厳しくも美しい日本らしい自然を凝縮しているかのようでもあります。

憾満ヶ淵憾満ヶ淵憾満ヶ淵憾満ヶ淵

特に日光開山の祖、慈眼大師天海の門弟たちが彫ったと伝えられている、憾満ヶ淵の多くの地蔵たちは、男体山の火山岩を砕くほどの急流の川を静かに見下ろしており、まるで今でも瞑想の修行をしているかのような、霊験あらたかな雰囲気が伝わってくる不思議な場所でもあります。100体あったとされる地蔵は、明治35年の台風の折に流されてしまいましたが、現在は地元の人の手により戻され、一部復興されました。憾満ヶ淵の空気は、極めて静かで張り詰めており、不動明王が川に現れるとされる伝承そのものです。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

2019 | 7_25 | Thursday

伊庭 靖子展 まなざしのあわい

東京都美術館 伊庭 靖子展 まなざしあわい東京都美術館 伊庭 靖子展 まなざしあわい

関東の梅雨明けも真近な、じっとりと暑い陽気が続いております。暑中お見舞い申し上げます。上野の東京都美術館で開催中の伊庭靖子さんの展覧会、「伊庭靖子展 まなざしのあわい」へ伺って参りました。 前川國男設計の建物館内は、照明やテーブル一つでも手抜かりないデザインで、この時期に良く冷えた空調も有難く、その静かな佇まいに、入り口から心洗われます。

東京都美術館 伊庭 靖子展 まなざしあわい東京都美術館 伊庭 靖子展 まなざしあわい

伊庭さんの作品は以前に、MA2 Galleryで拝見をしまして、その独特の透明感のある作品に惹きつけられましたが、被写体の描写は、現代アートのコレクターのみならず、陶芸がお好きな方をも魅了されておりまして、国内外の数多くの美術館に作品が収蔵をされております。ほとんどの静物画は、写真に撮った被写体を、自らの視点で再構成して、描き直すという手法で描かれており、光や質感、そして透明感が、まるであたたかく包まれるような不思議な感覚で伝わってくるもので、特に木漏れ日のような、ぼやけた光の描写は大変に美しいものです。ベルント・フリーベリの器も、その被写体として選んでいただいておりまして、今回の展覧会にも出展をいただいておりました。近年では写真や映像作品も制作されており、全てには光を捉える独特の視点が見え隠れしております。10月9日(水)まで開催されておりますので、上野の芸術探索の際には、ぜひお立ち寄りをいただければと思います。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

2019 | 3_31 | Sunday

対談 ドリス・ヴァン・ノッテン×杉本博司

東京国立博物館東京国立博物館東京国立博物館対談 ドリス・ヴァン・ノッテン×杉本博司

いよいよ新元号発表が明日に迫った本日、日本で一番好きな場所と言っても過言ではない、東京国立博物館へ。上野はまさに桜満開でして、晴天の日曜日ということもあって、人人人でごった返しておりました。先日のGOETHE(ゲーテ) でもお世話になりました、ファッションディレクターの島田さんのお誘いで、シークレットな特別対談へと伺ってまいりました。ベルギーはアントワープの人気ファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンさんと現代美術家の杉本博司さんの前代未聞のスペシャル対談との事。もともとドリス・ヴァン・ノッテンの本国PRディレクターが島田さんのご自宅を訪れた際に、杉本さんの代表作、海景が飾られており、それに感銘を受けて今回の対談の打診があったそうです。ドリス・ヴァン・ノッテンは日本進出10周年で今回の来日しており、原美術館では本日まで3日間限定で、ドリス・ヴァン・ノッテンとのコラボレーションの展覧会も開催されておりました。まさにドリス尽くしの春の幕開けであります。

対談 ドリス・ヴァン・ノッテン×杉本博司 対談 ドリス・ヴァン・ノッテン×杉本博司

ドリスは所有する大きな庭園から、服のアイデアの着想を得るそうで、杉本さんも江之浦測候所を例に自然とクリエイティブについてお話をしておりました。しかし当然ながらお互いのクリエイティブの発想は、共通点はあれど、全く相入れないものだなぁと感じました。現代美術は想像を無限に膨らまして、過去現在未来を行き来するもの。ファッションはその想像を極限まで削ぎ落とす作業なんだと、二人の会話から気づかされました。毎シーズン、服を芸術と呼ばれるまでに昇華させるドリスのクリエイティビティは、実は最も過酷で並大抵のものではありませんでした。 普段器と対峙していては全く気づかない奥深い対談は何とも勉強になりました。島田さん、この度も本当にありがとうございました。

|-|