ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)

 

ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)

 

ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

「作品帖7」は来月に完成予定です

モダニズムショー2022は無事に終了をいたしました

本日よりモダニズムショーがはじまります

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun

ウェブサイトが表示されない状態でございました

Exhibitionにて「モダニズムと民藝 北欧のやきもの展とその周辺」がはじまりました

vandaka plants gallery tokyo

3月11日(金)〜13日(日)はご予約なしで店舗オープンいたします

 

archives

2022 | 05【01】
2022 | 04【04】
2022 | 03【03】
2022 | 02【02】
2022 | 01【02】
2021 | 12【01】
2021 | 11【02】
2021 | 10【02】
2021 | 09【04】
2021 | 08【02】
2021 | 07【02】
2021 | 06【03】
2021 | 05【05】
2021 | 04【04】
2021 | 03【02】
2021 | 02【03】
2021 | 01【02】
2020 | 12【02】
2020 | 11【03】
2020 | 10【01】
2020 | 09【02】
2020 | 08【01】
2020 | 07【05】
2020 | 06【01】
2020 | 05【04】
2020 | 04【02】
2020 | 03【02】
2020 | 02【02】
2020 | 01【02】
2019 | 12【01】
2019 | 11【02】
2019 | 10【02】
2019 | 09【01】
2019 | 08【01】
2019 | 07【01】
2019 | 06【02】
2019 | 05【01】
2019 | 04【02】
2019 | 03【03】
2019 | 02【01】
2019 | 01【03】
2018 | 12【02】
2018 | 11【03】
2018 | 10【04】
2018 | 09【03】
2018 | 08【02】
2018 | 07【05】
2018 | 06【01】
2018 | 05【03】
2018 | 04【03】
2018 | 03【05】
2018 | 02【02】
2018 | 01【02】
2017 | 12【03】
2017 | 11【03】
2017 | 10【08】
2017 | 09【03】
2017 | 08【03】
2017 | 07【03】
2017 | 06【02】
2017 | 05【03】
2017 | 04【05】
2017 | 03【03】
2017 | 02【02】
2017 | 01【03】
2016 | 12【03】
2016 | 11【03】
2016 | 10【05】
2016 | 09【04】
2016 | 08【04】
2016 | 07【07】
2016 | 06【04】
2016 | 05【02】
2016 | 04【04】
2016 | 03【04】
2016 | 02【02】
2016 | 01【03】
2015 | 12【02】
2015 | 11【03】
2015 | 10【04】
2015 | 09【04】
2015 | 08【03】
2015 | 07【04】
2015 | 06【04】
2015 | 05【03】
2015 | 04【04】
2015 | 03【04】
2015 | 02【04】
2015 | 01【03】
2014 | 12【04】
2014 | 11【04】
2014 | 10【03】
2014 | 09【03】
2014 | 08【04】
2014 | 07【02】
2014 | 06【02】
2014 | 05【05】
2014 | 04【03】
2014 | 03【03】
2014 | 02【03】
2014 | 01【04】
2013 | 12【04】
2013 | 11【03】
2013 | 10【06】
2013 | 09【03】
2013 | 08【07】
2013 | 07【07】
2013 | 06【04】
2013 | 05【03】
2013 | 04【05】
2013 | 03【06】
2013 | 02【06】
2013 | 01【09】
2012 | 12【04】
2012 | 11【04】
2012 | 10【05】
2012 | 09【08】
2012 | 08【10】
2012 | 07【06】
2012 | 06【03】
2012 | 05【08】
2012 | 04【03】
2012 | 03【05】
2012 | 02【04】
2012 | 01【05】
2011 | 12【04】
2011 | 11【06】
2011 | 10【07】
2011 | 09【05】
2011 | 08【03】
2011 | 07【04】
2011 | 06【04】
2011 | 05【05】
2011 | 04【04】
2011 | 03【03】
2011 | 02【06】
2011 | 01【04】
2010 | 12【05】
2010 | 11【05】
2010 | 10【06】
2010 | 09【05】
2010 | 08【04】
2010 | 07【07】
2010 | 06【06】
2010 | 05【06】
2010 | 04【09】
2010 | 03【18】
2010 | 02【03】

 

Facebook ページ ギャラリー北欧器

instagram ギャラリー北欧器

2022 | 05_18 | Wednesday

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

ギャラリー北欧器「作品帖 vol.7」

 

今年は早いもので、もうじめじめとした暑い季節となってまいりました。
皆様如何お過ごしでございましょうか。  

さてこの度、ギャラリー北欧器の「作品帖7」が仕上がりましたので、お知らせを申し上げます。

今回は、A5サイズの58ページ、作品数は21点を掲載しております。掲載作家は、スウェーデンのグスタフスベリ製陶所に在籍をしました、ベルント・フリーベリ、ウィルヘルム・コーゲをはじめ、ガラス制作の代表格、オレフォス社のエドワルド・ハルド、アメリカの陶芸家、ジェームズ・ロベーラ、デンマークのロイヤルコペンハーゲン製陶所に在籍をした巨匠、アクセル・サルト作品を掲載しております。

今回は、世界情勢の変化や作品の高騰など加わりまして、ご紹介できる作品が少なくなっておりますが、今まで以上に、豊富な解説と図版を付けております。解説は、長年、器を数扱うことで少しづつわかってきたこと、そして新たに見聞きしたこと、資料などからの発見をまとめまして、詳細に書かせていただきました。ぜひご高覧をいただければ幸いでございます。

通信販売分の販売部数は限定30部となりまして、お値段は3,000円(税・郵送料込み)での販売でございます。ご希望の方は、専用のオーダーフォームよりご注文をいただければ幸いでございます。

その他の作品帖でございますが、先日のモダニズムショーでほとんどをお配りしてしまったため、通信販売分は「作品帖6」のみ、残り10部を販売させていただいております。またお陰様で「作品帖1」〜「作品帖5」は店舗販売用を除きまして、すべてご売約をいただきました。たくさんのご愛顧をいただきまして、誠にありがとうございました。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

 

2022 | 04_28 | Thursday

「作品帖7」は来月に完成予定です

ギャラリー北欧器 作品帖7 Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)

春もあっという間に過ぎ、新緑の美しい季節となってまいりました。次号の「作品帖7」でございますが、制作も佳境に入ってまいりまして、来月の5月中旬には完成、そしてお届けができる予定でございます。ここ半年でもモダニズムの陶芸作品の人気や、評価の高まりは世界中で衰えず、円安の流れも相まって、ご紹介できる良品と呼ばれる作品は、前回に比べましても随分と減ってまいりました。ご紹介作品は少しづつでも、解説を豊富に掲載しましてご案内をしておりますので、ぜひご高覧をいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

2022 | 04_11 | Monday

モダニズムショー2022は無事に終了をいたしました

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

MUJI HOTEL GINZAにて開催をしておりました、MODERNISM SHOWは無事に終了をいたしました。4日間、本当にたくさんの皆様にご来場いただきまして、ギャラリー北欧器の部屋、719号室にもご来店を賜りまして、大変に恐縮でございました。はじめてモダニズムの美術陶芸品があること知っていただいた方も多く、実物の作品の持つ佇まいの美しさや力強さをご覧いただき、こんな面白い世界があるのかとおっしゃっていただくことも多々ありまして、こうして皆様に新しいワクワクを感じていただきました事、まさに器屋冥利に尽きるものでございます。改めまして、心より感謝と御礼を申し上げております。またこの大きなイベントを、出店者が快適かつスムーズに出展できるよう盤石のバックアップをいただきました、良品計画の皆々様には幾重にも感謝を申し上げます。また皆様にはこのモダニズムの祭典にてお目にかかれば幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

2022 | 04_07 | Thursday

本日よりモダニズムショーがはじまります

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

いよいよ本日、4月7日(木)から10日(日)まで、MUJI HOTEL GINZAにてMODERNISM SHOWが開催をされます。昨日搬入を行いましたが、本日も引き続き、オープンまで準備をすすめてまいります。今回は、ホテルの一室を自宅の部屋に見立てて、北欧の器や版画、小さいチェストをスタイリングすることで、ご自宅でどの様に北欧の美術陶芸作品や絵画を楽しんでいただけるのかという、普段とは少し違う展示を予定しております。お部屋の写真を撮り忘れてしまいましたが、ギャラリー北欧器が出展する719号室は、松屋銀座をどーんと目の前に望む大きなガラス窓が全面にあるお部屋でして、こんな所に住んでみたいと思わせる絶好のロケーション部屋でした。お部屋に合いそうな、シンプルで小さめな作品をメインにお持ちしておりまして、チェストやテーブルだけではなく、棚のいたる所にも作品を隠しておりますので、ぜひ友人の家に遊びに行った感覚で作品たちを探してみてくださいませ。私も今回は普段着で応対をさせていただきます。モダニズムショーの期間中は、ギャラリー北欧器のお店が銀座へ出張している様な感覚ですので、お部屋全ての作品は普段と変わらずにご購入をいただけます。お部屋でのお会計、後日のお会計、どちらともに承りますが、作品の当日のお持ち帰りはお控えいただきまして、モダニズムショー会期中は展示をさせていただき、後日の配送もしくは馬喰町店舗でのお引き取りとなります。またモダニズムショー期間中は、馬喰町のお店はお休みをさせていただきます。今回のモダニズムショーは、事前予約制にて入場料がかりますので、わざわざご来店いただける皆様には、細やかではございますが、「作品帖05」と「作品帖06」、さらに追加で、以前北欧陶芸特集をしていただいた古美術雑誌「目の眼」(すべて数に限りがございます)も無料進呈させていただきます。この機会にギャラリー北欧器が出展しております719号室まで、ぜひ足を運んでいただければ幸いでございます。

入場は事前予約制で入場チケットを購入していただく形でございますので、こちらのpeatixにてお求めくださいませ。

入場料(tax incl.):
4.7 thu 17:00-20:00 5,000yen
4.8 fri 11:00-20:00 3,000 yen
4.9 sat 11:00-20:00 3,000 yen
4.10 sun 11:00-17:00 2,000 yen
※日時指定予約、時間入れ替え制です。予定枚数終了次第販売を終了いたします。

詳細はLife in Art公式WEBページ @ideelifeinart よりご覧ください。

出店店舗 PPP / Chickadee & Home / SETT F. / ガラージュ / 北欧家具Tanuki / Swimsuit Department / Playmountain / CONTOUR / BUILDING / ELEPHANT / Pocket Park / ギャラリー北欧器 / Graphio/büro-stil / DEALERSHIP / ATELIER – GALLERY / LULLABY / NOW / SKLO / SNORK MODERN AND CONTEMPORARY / Ph.D. / NO AGE / NOTA_SHOP / dieci / also / TRAM / STOOL INC. / eel / DWARF / and more…。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

 

2022 | 04_01 | Friday

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun

ギャラリー北欧器は4月7日(木)から10日(日)まで、MUJI HOTEL GINZAにて開催をされる、MODERNISM SHOWに参加をさせていただきます。いよいよ来週の木曜日からの開催でございまして、今回のメインイベントが迫ってまいりました。MODERNISM SHOWはホテルの一室をお店が借りて展覧会を開催する、ホテルアートフェアの様相で開催をされまして、全国津々浦々から、ギャラリーやショップ約30店舗が一堂に会しまして、各々がモダニズムの逸品たちを展示販売するものです。

ギャラリー北欧器では、ホテルの一室を自宅の部屋に見立てて、北欧の器や版画、小さいチェストをスタイリングすることで、ご自宅でどの様に北欧の美術陶芸作品や絵画を楽しんでいただけるのかという、普段とは少し違う展示を予定しております。出展作品は、お馴染みのベルント・フリーベリ、ウィルヘルム・コーゲ作品をはじめ、アクセル・サルトの陶芸作品や版画、その他、デンマークやフィンランドものまで、お部屋に合いそうなモダニズム作品たちを厳選いたしまして、期間中にお持ちする予定でございます。その他、何かご所望の作品がございましたら、お申し付けいただければお持ちする様にいたしますので、お気軽にお声がけくださいませ。今回のモダニズムショーは、事前予約制にて入場料がかりますので、わざわざご来店いただける皆様には、細やかではございますが、「作品帖05」と「作品帖06」(数に限りがございます)を無料進呈させていただきます。この機会にギャラリー北欧器が出展しております719号室まで、ぜひ足を運んでいただければ幸いでございます。

入場は事前予約制で入場チケットを購入していただく形でございますので、こちらのpeatixにてお求めくださいませ。

 

____________________________________________________________________

MODERNISM SHOW at MUJI HOTEL GINZA 2022.4.7 thu - 4.10 sun

モダンデザインの素晴らしさを伝える全国各地のヴィンテージギャラリーやショップ約30店舗が、4.7(木) - 4.10(日)の期間中、MUJI HOTEL GINZAの客室2フロアに一堂にお店を構えます。 各ギャラリーやショップが、様々な国のバイヤーやマーケットを通じて出会い運んできたものには深いストーリーがあります。同じ家具でも全く違うものに感じる時さえあります。 それはバイヤーがその物と出会っているから。それをまた新しい出会いに繋げるためにこのイベントは開催されます。 会期中は、日本各地のヴィンテージギャラリーやショップ、北は青森から南は福岡まで、約30店舗を1日で巡り、店主とものに纏わる会話をし、買い物まで楽しめる、たいへん貴重な機会です。 TOKYO MODERNISM 2022の最後を締めくくる特別な4日間。世界中のモダンデザインを愉しむ特別なひとときをお過ごしください。

入場料(tax incl.):
4.7 thu 17:00-20:00 5,000yen
4.8 fri 11:00-20:00 3,000 yen
4.9 sat 11:00-20:00 3,000 yen
4.10 sun 11:00-17:00 2,000 yen
※日時指定予約、時間入れ替え制です。予定枚数終了次第販売を終了いたします。

入場チケットはpeatixで販売しております。 詳細はLife in Art公式WEBページ @ideelifeinart よりご覧ください。

出店店舗 PPP / Chickadee & Home / SETT F. / ガラージュ / 北欧家具Tanuki / Swimsuit Department / Playmountain / CONTOUR / BUILDING / ELEPHANT / Pocket Park / ギャラリー北欧器 / Graphio/büro-stil / DEALERSHIP / ATELIER – GALLERY / LULLABY / NOW / SKLO / SNORK MODERN AND CONTEMPORARY / Ph.D. / NO AGE / NOTA_SHOP / dieci / also / TRAM / STOOL INC. / eel / DWARF / and more…。

|-|

 

 

 

 

2022 | 04_01 | Friday

ウェブサイトが表示されない状態でございました

本日4月1日の午前0時より、先ほど15時ごろまでウェブサイトをご覧いただけない状況が続いておりました。ウェブの証明書期限が切れておりまして、表示が行えなくなっておりました。皆様には大変にご心配とご迷惑をおかけいたしました。

|-|

 

 

 

 

 

2022 | 03_22 | Tuesday

Exhibitionにて「モダニズムと民藝 北欧のやきもの展とその周辺」がはじまりました

モダニズムと民藝 北欧のやきもの展とその周辺

春の便りが少しづつ届いてまいりました。寒い日が続きますが、春本番もいよいよ間近でございます。如何お過ごしでございましょうか。さて、しばらく間が空いておりましたが、ウェブ展覧会の第五回目を開催いたします。「モダニズムと民藝 北欧のやきもの展とその周辺」と題しまして、 2014年に愛知県の陶磁美術館にて開催されました、 「モダニズムと民藝 北欧のやきもの展」に出展をされた作品や、関連作家の作品など12点をご用意いたしました。  この「モダニズムと民藝 北欧のやきもの展」は北欧陶芸と民藝との繋がりから、 ミッドセンチュリー期の北欧陶芸を俯瞰して紐解いた、 重要な展覧会でもありまして、まだまだ本国でも研究の進んでいない、 北欧陶芸分野に、日本からアプローチをしたものでした。  この展覧会の図録や、学芸員さんが寄稿された、北欧陶芸とベルント・フリーベリに関する紀要は、 今でも日本語における北欧陶芸の指針として、多くの方に読まれ続けております。  展覧会に出展をした作品を含めながら、当時私が感銘を受けた作品を彷彿とさせる作まで、 詳細なお写真と解説をご覧になりながら、  ごゆっくりとお楽しみをいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

2022 | 03_14 | Monday

vandaka plants gallery tokyo

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

京都にあります、ビカクシダ専門店のvandaka plantsさんが3月12日(土)に馬喰町のギャラリー北欧器の入るビル、bacrocactusの4階にオープンをされました。御開店、本当におめでとうございます。ギャラリー北欧器もご相伴に預かりまして、週末はギャラリーをオープンをしておりましたが、たくさんの皆様にご来店いただきまして、心より感謝を申し上げております。誠にありがとうございました。vandaka plantsさんのオープン初日は、早朝からビルの前に整理券を求める人が長蛇の列で並んでおりまして、お店には全く伺えず、3日目にしてようやくお邪魔することが叶いました。平日の月曜日でも、お客さんがひっきりなしに階段を登って来てはシダを眺め、じっくりと楽しんでおられました。本当にすごいお店がお隣さんに引っ越して参りまして、私も感無量です。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリランvandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリランvandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

整理券配布前の様子を隠し撮りです。11時に私が来た時点では、五十人ぐらいがビルの前に並んでおりまして、その人気ぶりが伺えます。12時に来られた方は、14時ぐらいまで入店できないほどの盛況ぶりでした。

 

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

壁一面に掛けられたビカクシダたち。100点ぐらいを一堂に見ることができまして、まさに圧巻の景色です。このフックを一つ一つ取り付けるのも随分と一苦労かと思います。お店の準備をされている間、ギャラリー北欧器を扉のガラス越しに何度も覗いていただいた様で、メインで飾っておりましたDOLKのPUNKのプリントをお気に留めていただきました。この度、店内の絵画としてお納めすることが叶いまして、感謝感激雨霰でございます。素敵な店内で飾っていただきまして、引き立て役として存在感を放っております。

 

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリランvandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリランvandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

定番のものから、レアなもの、また産地も世界各国、オーストラリアやアフリカ、インドネシア産など様々な品種があるようで、形も色々ありますので、どれにしようか目移りしてしまいます。私が一番気に入ったのは、レジ横のすぐ上のお写真のもの。お面の様なオーラを纏っておりまして、ツノが生えて、そこからパカっとわれた実の様なものが付いており、その迫力にぞくぞくします。伺うとそんなにレアではないそうですが、育てるのがかなり大変とのことで、初心者の私は、ひとまず育てやすいものを選んでみました。

 

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

大きなものは乾燥や水のあげすぎでも、大丈夫とのことので、育てやすいこちらを自宅にお持ち帰りです。地の苔が乾いたら、バケツにこのまま、まるごとドボンと入れればオッケーというのも、ものぐさな私にはうれしいものです。 生き物が部屋にありますとやはり癒されますし、形や曲線の美しさなどは、優秀なインテリアとして空間が生き生きとして参ります。壁に掛けられるという仕様も、まるでアートの様でとてもお気に入りです。ビカクシダに限らず、植物は器の奥深さと似ておりまして、どんどんと他の形や産地に触手を伸ばして行きそうです。お店にもいくつか飾りたいので、そのうちジャングルと化しておりましたら、笑ってやってください。

 

vandaka plants gallery tokyo ビカクシダ コウモリラン

もうぎりぎりと思いますが、オープン記念でビカクシダを購入された方には、バンブー繊維を使ったマグカップのノベリティをプレゼントされているとのこと。壁掛けのできるビカクシダたちは、本当に素晴らしいまさに唯一無二の「作品」たちと思いますので、ぜひご覧になりにいらしていただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

 

 

 

2022 | 03_02 | Wednesday

3月11日(金)〜13日(日)はご予約なしで店舗オープンいたします

ギャラリー北欧器 日本橋馬喰町 Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

来る今月、3月11日(金)から13日(日)までの3日間、 ギャラリー北欧器の馬喰町店は、
ご予約なしにご来店をいただける、 「ギャラリー北欧器 常設展」を開催いたします。

12日(土)にビルの上の階、4階に、京都のビカクシダ専門店で有名な、 vandaka plantsさんの東京店がオープンされるとのことで、
当店もvandaka plantsさんオープンに併せまして、 店舗をご覧いただけるようにいたしました。

常設展では、ベルント・フリーベリやウィルヘルム・コーゲ、 アクセル・サルトなどの、
北欧巨匠作品をはじめまして、 ご希望でしたら、棚にしまっております、 古美術作品などもご覧いただける様にいたします。

また、アートフェア東京も同時に開催されるとのことでございまして、
お近くにお越しの際は、シダと北欧陶芸をご覧いただきに、
ぜひ馬喰町の方面へもお立ち寄りをいただければ幸いでございます。

ご予約なしでご来店をいただける、 店舗オープン時間でございますが、
全日、12時から17時のオープンを予定しております。

3月11日(金)12:00〜17:00
3月12日(土)12:00〜17:00
3月13日(日)12:00〜17:00

前後のお時間のご来店をご希望でございましたら、
アクセスよりご予約または、 メールやお電話でご連絡をいただければ幸いでございます。

尚、12日(土)はvandaka plantsさんオープンに伴いまして、
ビル全体が混み合うことが予想されます。 店内に多くのご来店をいただく場合は、
人数制限をさせていただくこともございますので、 ご了承くださいませ。

|-|

 

 

 

 

<<2022 | 02 

 


 

 

 

△PageTop